健康を害する要素がなく安心して喫煙できる

煙草というと健康に悪いイメージがどうしても強い傾向にありますが、電子タバコでは体に害のある成分は基本的にありません。電子タバコはリキッドと言われる液体を熱によって蒸発させた煙を喫煙する形になるため、構造上タールが発生しません。タールによる健康被害がないのに加えて、電子タバコが煙を出すのは吸引口からだけであり、他の人に対する受動喫煙を強いることもなく人に迷惑を掛けずに済むところも大きなメリットと言えます。

喫煙時にゴミがでないのでエコ

電子タバコはフィルターのような使い捨てのゴミが出ない構造となっているため不要なゴミを増やさず非常にエコなアイテムとなっています。長年問題視されてきたタバコのポイ捨てとも無縁なのです。当然ながら灰も出ないので灰皿を探したり、携帯灰皿を持ち歩くような必要もありません。

使い捨てではないのでメンテナンスの必要が有る

電子タバコは使い捨てではないため、大事にメンテナンスをして使っていく必要があります。こまめに吸口を拭いて清潔にしておく必要がありますし、リキッドを入れるボトル部分も、味が混ざらないように綺麗にしておく事が重要です。また電子タバコは文字通り電子機器であるため故障した際は修理に出す必要もあり、メンテナンスには気を使う必要があるでしょう。

ニコチンを吸いたい場合は少し手間が必要

日本では薬事法によってニコチン入りリキッドの譲渡や販売が禁止されています。そのためニコチン入りのリキッドを喫煙したい場合は個人輸入サイトなどを利用して購入する必要があり、通常のリキッドやタバコほどお手軽には購入できないデメリットがあります。

pod型vapeはカートリッジ式で他の型よりも扱い方が簡単になっており、vapeに慣れていない初心者でもすぐに扱うことが出来ます。