電子タバコとは一体なに?

電子タバコとは、タバコと名前が付いていますが、火を点けて吸う紙巻きタバコとは違い、電力で加熱するものです。電源を入れることで煙のような水蒸気が発生する仕組みになっています。電子タバコに似ているものでは、加熱式タバコと呼ばれるものもあります。これは電子タバコと同じように電力を使って加熱しますが、電子タバコではありません。電子タバコはリキッドというものに熱を加えますが、加熱式タバコはタバコの葉に熱を加えて吸うのです。

電子タバコリキッドの種類や特徴

電子タバコには構造の違いによって、リキッド式、カートリッジ式、使い捨て式があります。リキッド式の電子タバコは、電子タバコの「本体」と「リキッド」を用意し、リキッドを時々継ぎ足しながら使います。本体とリキッドさえ購入すれば、後はリキッドを買うだけなので3つの種類の中でもコスパが良いのです。リキッドは、イチゴやメロンなどのフルーツのフレーバーを添加したものやドリンク、タバコ、香草などいろいろあります。リキッドは1種類だけではなくいくつかを混ぜて使うことも可能です。日本製ならどれもニコチンやタールなどを含んでいません。

電子タバコと煙草の違いとは

たばこの葉が燃焼することで出る煙草の煙はにおいが強く、衣服や部屋にもにおいが残ります。しかし、電子タバコの蒸気はリキッドから発生するものなので、強い匂いや煙はありません。また、火を使うことがないので安全に利用でき、灰皿も必要ないでしょう。リキッドに含まれる成分は、食品にも使われていることもあり、タールなどと比べ安全性が高いとされています。

電子タバコに使うニコチンリキッドは名前の通り、タバコの葉から抽出したニコチンが含まれています。そのため、本物のタバコに近い風味を楽しむことが可能です。